どうもです、FF14を堪能しています管理人の Empress です。

以前Lv50になったら~という記事を書きましたが、今回はその2となります「クリスタルタワー」についてです。



メインストーリーだけを消化していると全く触れる必要がないクエストなのですが、調べてみるとこのクエストで語られるストーリーが後々のメインストーリーに関わってくるらしく、知っておくとさらにメインストーリーを楽しめるらしいです。
20200312_ffxiv_00
メインストーリーを楽しめるオマケ要素としての一面を持つ「クリスタルタワー」なのですが、それ以上に刺激的な要素が含まれていますのでご紹介したいと思います。

ちょいとネタバレを含む内容がありますので、ネタバレが嫌な方はご注意ください。

※2020/03/12現在での記事ですので、今後のアップデートで変更される可能性があります。

■クリスタルタワーの解放

まずは「クリスタルタワー」に関連するクエストを解放する必要があるのですが、モードゥナにいる異国風の男から古代アラグ文明の遺産を受注し、順次発生する以下のクエストをクリアしていく必要があります。
霊砂と未来を造る者
霊砂と過去を記す者
古代の民の迷宮
最初の3つのクエストであちこちお使いをすることになりますが、これでも緩和された結果らしいのでガマンしてがんばってくださいw


■24人でダンジョン!?

メインストーリーでもリットアティン強襲戦辺りから突然8人パーティで挑むことになって驚いた記憶も新しいですが、その3倍となる24人で挑むことになるのでさらに驚きです!

とは言っても「8人パーティx3組」という形式なので、自分が所属する8人パーティ以外の16人はフィールドで見かける他人のFATEを見ている状態に近いですw

ちなみに8人パーティ単位での区切りは「アライアンス」と呼ばれ、24人ダンジョンのときのみ画面に現れる「アライアンス」専用UIが現れます。
20200312_ffxiv_01


■クリスタルタワーの元ネタ

これは経験者しか解らないかもしれませんが「クリスタルタワー」には出展元があります。

それは同じファイナルファンタジーシリーズの3作目にあたる「ファイナルファンタジー3(以下、FF3)」です。
20200312_ffxiv_02
FF3に思い入れがある方は、この一連のクエストをプレイすることによって感動する事間違いなしです!(異論は認める)

「クリスタルタワー」という名前はもちろん、使用されているBGM、敵モンスター、クエスト中の登場人物、あらゆるところにFF3のエッセンスが詰め込まれています。

こういう各所に散りばめられた過去作品のオマージュが、FF14に私が引き込まれた理由の一つです。

長年FF3は移植困難なタイトルとして移植されることが無かったのですが、現在はNintendo DSや、Android、iOSアプリにリメイクされたものがありますので、未経験の方はぜひともお試しください。


ちなみに余談ですがFF3に思い入れがある方は、FF14内の「蛮神ガルーダ」の存在に違和感を抱くかもしれませんが、そこは新たに生まれ変わったのだと思って割り切りましょうw


■新たなルーレットの解放

古代の民の迷宮である必要はありませんが、24人ダンジョンを2種類以上解放すると新たに「コンテンツルーレット:アライアンスレイド」というものが解放されます。(クリアしなくてもOKです)
20200312_ffxiv_03
「クリスタルタワー」は幾つかのダンジョンに分けて用意されており、古代の民の迷宮をクリア後も新たなクエストとダンジョンが発生しますので、せっかくですから続けて発生するノアの調査記録以降もプレイして、「コンテンツルーレット:アライアンスレイド」を解放しておくことをおすすめします。

「コンテンツルーレット:アライアンスレイド」も他の「~ルーレット」と同様に1日1回の経験値ボーナスや、「アラガントームストーン:詩学」などがもらえるため、Lv50以降のレベル上げにも役立ちます!


というわけで、今回はFF14以外の要素(特にFF3)も熱く語ってしまいましたがいかがだったでしょうか?w。


ではでは、今回はこの辺で~(*´ω`*)ノシ