ファイナルファンタジーXIVのフリートライアル版を隅々まで遊び倒しています管理人の Empress です。

お題が色々と誤解を招きそうなので軽く説明しますと「フリートライアル版の限界が見えてきた?」というお話です。
20191016_ffxiv_00


というわけで、冒頭の画像以外にもいくつかご紹介・・・
20191016_ffxiv_01
20191016_ffxiv_02
色々映り込んでいたので編集した部分的な画像ですが、フリートライアル版では「ギルの上限は30万ギル」「ジョブのレベル上限は35」ということだそうです。

ちなみに見る人が見ればわかると思いますがジョブは白魔道士です。ですが他のジョブはまだまだ伸びしろがあるんですよね・・・ぐへへ


そんな冗談はさておき、ジョブのレベル上限が35ということはグランドカンパニーについても上限が固定されてしまうことになります

20191016_ffxiv_03
※特定の階級になるためにクエストクリアが必要(画像は黒渦団のものです)

20191016_ffxiv_04
※クエストの受注にレベル制限があり(画像は黒渦団のものです)

20191016_ffxiv_05
※昇進に上限が出来たため、軍票も上限が固定される

レベル上限が35となると昇進するためのクエストの受注条件レベル44以上が満たせないため、必然的に「軍票の上限は4万」ということことになります。


ということで、事前調査も含めて現在解っているフリートライアル版の制限は以下のようになります。

●各ジョブ、クラスをレベル35まで遊べる
 追加パッケージで増えるジョブ以外のジョブをレベル35まで育成可能です。

●メインクエストはレベル35まで
 こちらはまだ未体験なので詳しくわらないのですが、たぶん受注条件がレベル36以上になると前述のジョブ上限で強制的に受注できなくなるということだと思います。

●所持金は30万ギルまで、軍票は4万まで
 ひとまずギル、軍票の上限は実体験をできましたが、ゴールドソーサーの MGP に上限があるのかは現時点では解りません。

●マーケット、リテイナーを利用できない
 これらはクラフターのレベルが上がっていけば、利用についての How to が表示されるため比較的早くに体験できます。
 個人的にはギルに上限があるのでマーケットの制限は気になりませんが、アイテム所持の上限がかなり少ないのでリテイナーが使えないというのはかなり厳しい制限です
(マイチョコボを獲得することで「チョコボかばん」というアイテム上限の逃げ道が一応作れます)

●フリーカンパニーに参加できない
 実体験がないのでイメージでしか語れませんが、他ゲームでいうところの「ギルド」のようなものだと想像しています。
 一度野良で勧誘を受けたことがありますが、フリートライアル版では参加できないことを事前に知っていたのでお断りをしました。
 現時点ではフリーカンパニーに所属するメリットがわからないので、この制限は特に気になりません。

●プレイヤー同士のトレード・モグレター送受信
 ぼっちの私には無縁ですw

こうやって結果をまとめているとテストプレイヤーになったのかと錯覚しそうになりましたが、現時点では私自身も比較的楽しくプレイできていますので、引き続きフリートライアルを隅々まで遊び倒していきたいと思いますw


※ファイナルファンタジーXIV フリートライアル版について詳しくはこちらから